日本の電力事情

日本のエネルギー事情は、今危機に瀕しています。
これは、あらゆる政策の失敗や、あらゆる不運が重なったことに起因しますが、それでも我々は生きていかなくてはいけません。
日本にとって電気供給とは、生命線だと言い換えても過言ではないでしょう。
なぜならば、計画停電の時にもあまり報道はされませんでしたが、信号が止まったことが原因で死亡事故が多くなったようです。このような事例をみても、いかに日本人の生活が電気に依存しきっているのかが分かります。

そんな日本の逼迫した電力事情を少しでも緩和するために見出されている発電方法が、自然エネルギーや再生可能エネルギーと言われているエネルギー資源です。
代表的なもので言うと、地中熱、太陽光発電、バイオガスが有名です。
それぞれ、違うエネルギーをもとに電力を生産するのですが、家庭でも馴染みが深いのは太陽光発電ではないでしょうか?
太陽光発電とは、太陽光パネルを使用して太陽光によって電気を生み出す発電方法です。

地中熱とは、読んでもわかる通り地球の地下深くの熱を利用した発電方法です。
そのポテンシャルは高いと言われており、火山列島である日本にも相性が良いと呼ばれている発電方法です。地中熱は、火山付近で行われるので、活火山が多い日本には相性が良いのです。

最後のバイオガスは、バイオガスとある通り、有機物からガスを取り出す技術です。原料となる有機物は、家畜の排せつ物と植物の廃材などが原料です。
地中熱と、太陽光発電、バイオガスは、これからの技術の向上でますます能力向上が期待されています。

オススメ外部リンク

太陽光発電の料金を見積もりたいならこちらを参考にしてみてください。|太陽光発電なび
太陽光発電は東京まで|おひさまナビ
太陽光発電投資をするなら:GOALNET